G大阪 今季ワースト4失点 松波新体制で初黒星 倉田「僕がぶち壊した」

[ 2012年4月8日 08:03 ]

広島に敗れ、肩を落とす今野(中央)らG大阪イレブン

J1第5節 G大阪1-4広島

(4月7日 広島ビ)
 今季ワーストの4失点でG大阪・松波監督が指揮官初黒星を喫した。3日のACLブニョドコル戦で今季公式戦初勝利した勢いをかって臨んだが、リーグ初勝利は“お預け”となった。

 「僕がぶち壊してしまいました」。反省の弁は、C大阪から今季復帰したMF倉田だ。自陣でのパスミスが先制失点の起点となってしまう。開始から優勢に進めていた中での落とし穴だった。もう一人の復帰組・寺田も唇を噛んだ。

 1点差に迫った後半26分、自らが得たPKを広島GK西川に阻止され、流れを手放した。遠藤はラフィーニャに蹴るよう指示。寺田が直訴して蹴ったが、「得点が欲しかった…」と気持ちが空回りしてしまった。

 内容では優勢だったが残ったのは今季リーグ4敗目という結果。新体制になったとはいえ“生みの苦しみ”が続く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年4月8日のニュース