G大阪19試合目で初完封 西野監督も満足感

[ 2011年8月8日 06:00 ]

<G大阪・福岡>先日亡くなった松田さんを悼み、試合前に黙とうを捧げるG大阪・西野監督

J1第20節最終日 G大阪2―0福岡

(8月7日 万博)
 やっと“初日”が出た。G大阪は最下位・福岡に2―0で快勝。今季リーグ19試合目にして、J1クラブ最遅となる初完封で3連勝を飾った。

 「今のガンバにとっては大きな目標。完封を求める試合をしようと言った」と西野監督は試合前のプランを明かした。相手のミスにも助けられる決して内容は褒められたものではなかったものの、それでも指揮官は結果に胸を張った。攻撃よりも守備を意識した理由について問われ、「いつも皆さん(報道陣)から失点ばかり聞かれるので」と切り返し「だから(報道陣を)先制して言いました」と会心の笑み。そして「修正するところは修正して、次につなげたい」と早くも次戦・C大阪との大阪ダービー(13日、長居)を見据えた。

 移籍後初スタメンとなったFWラフィーニャの3試合連続得点も飛び出すなど攻守で理想的な結果。DF中沢は「この流れを崩さずにいきたい」と力をこめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月8日のニュース