スピードで魅せた永井 J1初ゴールはお預け

[ 2011年6月11日 16:37 ]

<磐田・名古屋>後半、攻め込む名古屋・永井

J1第14節 名古屋1―0磐田

(6月11日 ヤマハ)
 名古屋はU―22日本代表エースで1日のオーストラリア戦で2得点した永井が後半21分から出場したが、シュートを打てないまま今季初ゴールを持ち越した。22歳のFWは「積極的に仕掛けたけど、時間が短かった」と悔しがった。

 DFを置き去りにするダッシュなど、片りんは見せた。ストイコビッチ監督は「まだ(成長の)時間が必要だが、ラスト30分には非常に有効な選手だ」と期待を掛けた。

 ▼名古屋・ストイコビッチ監督 引き分けでは満足できなかったので、攻撃のカードを全部切った。名古屋らしい速いペースで試合を運べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月11日のニュース