ゴトビ監督、満足のドロー「とても良い結果だ」

[ 2011年6月11日 23:27 ]

J1第14節 清水G2―2大阪

(6月11日 万博)
 清水のゴトビ監督は敵地ながら攻めの采配を振るった。2―2の後半19分に小野と小林を投入し「試合をコントロールしようとした」。36分にはFW永井と、ベンチスタートさせた豪華タレント陣を投入。最後まで勝ち越しを狙った。

 後半5分に大前のFKで一時はリードを奪った試合だが「今まで戦ってきた中でガンバは一番良いチーム。(引き分けは)若いチームにとってはとても良い結果だ」とご機嫌に語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月11日のニュース