原口 浦和に恩返しを!新たに3年契約で合意

[ 2011年6月9日 06:00 ]

<U―22代表・湘南>後半、シュートを放つ原口

 今季限りで浦和との3年契約が切れるU―22日本代表FW原口元気(20)が新たに15年1月までの3年契約を結ぶことでクラブと合意したことが8日、明らかになった。

 12年ロンドン五輪後の海外移籍を目指しているが、移籍金ゼロでチームを去ることを懸念。下部組織から世話になった浦和への恩返しと若手育成に自らの移籍金を役立ててほしいとの願いから、あえて長期の契約延長となった。

 原口はこの日、J2湘南との練習試合にトップ下として後半から出場。大迫の1点目を右からのクロスでアシストすると、ゴール前でつぶれ役となって大迫の2点目を演出、30分にはパスカットから自ら持ち込み右足でゴールと3点に絡んだ。「1番の目標はクウェートに勝って次に行くこと」。淡々と話した原口が、日の丸と浦和の未来を明るく照らす。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2011年6月9日のニュース