橋本が緊急帰国 靱帯損傷の疑いで長期離脱も

[ 2011年2月13日 06:00 ]

 G大阪MF橋本がキャンプ地のグアムから緊急帰国した。10日の練習試合柏戦で負傷。11日にグアムの病院で検査を受けた結果、右膝靱帯(じんたい)損傷の疑いが判明した。

 14日に兵庫県内の病院で精密検査を受ける。長期離脱の可能性も出てきた。現在、アジア杯に参加したMF遠藤は自宅静養中。1月に右足を手術したMF明神も別メニュー調整が続いている。3月1日にはACLメルボルン戦を控えるだけに、西野監督は「3人がいないのは痛いといえば痛い」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月13日のニュース