【鳴尾記念】戦い終えて

[ 2024年6月2日 04:30 ]

 ▼4着ヤマニンサンパ(団野)強い相手に頑張ってくれました。時計の速い馬場にも対応してくれた。

 ▼5着ディープモンスター(浜中)ポンと出て逃げ馬の後ろに入ったが、ずっと力んでいた。少し急仕上げだったし、その分、最後は伸び切れなかった。

 ▼6着カラテ(高杉)状態は良かった。結構スタートは押して行って、という指示でした。近走よりは良くなっていると思います。

 ▼7着バビット(和田竜)スタートが良かったし、自分の形には持ち込めたが4コーナーから離すことができなかったですね。

 ▼8着スカーフェイス(松若)自分のリズムで行って脚は使ってくれた。

 ▼10着フォワードアゲン(藤岡)重賞のメンバーに入ると…。上がりのかかる展開がいいですね。

 ▼12着ニホンピロキーフ(田口)スタートを出した分、少し力んで4コーナーで反応がなかったですね。

 ▼13着アウスヴァール(古川吉)どうしても展開の助けが必要ですね。

 ◆競走除外 京都11R・鳴尾記念に出走予定だったロードデルレイは馬場入場後に左後肢ハ行を発症したため、競走除外となった。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年6月2日のニュース