元JRA騎手の小林徹弥さん死去、50歳 引退後は調教助手に 師匠・目野哲也氏「まだ若い」「早すぎる」

[ 2024年6月2日 15:27 ]

小林徹弥さん(23年7月撮影)

 元JRA騎手の小林徹弥(こばやし・てつや)さんが1日夜に死去したことが2日、分かった。50歳だった。

 93年に栗東・目野厩舎所属で騎手デビュー。96年マイラーズC(ニホンピロプリンス)でJRA重賞初制覇を飾った。

 その後も99年エルムS(ニホンピロジュピタ)、01年京都牝馬S(グレイスナムラ)、02年シルクロードS(ゲイリーフラッシュ)で重賞V。03年ダービーはチャクラとのコンビでダービー初騎乗を果たし、14番人気6着。08年東海Sは単勝オッズ102.2倍の13番人気ヤマトマリオンを勝利に導いた。
 
 ▼目野哲也氏(師匠)今朝、小林の携帯から着信があり、何か用かな?と思ったら奥さまからで「亡くなりました」とのことでした。まだ若いし、早すぎる。お酒が好きだったから体を壊したのかな。性格が良くて周りのみんなにもかわいがられ、いい競馬をしてくれたし、思い出はたくさんあります。残念です。

 小林 徹弥(こばやし・てつや)1974年(昭49)5月5日生まれ、埼玉県出身。93年3月、栗東・目野厩舎所属でデビュー。同年5月2日、マーチングランで初勝利。96年マイラーズC(ニホンピロプリンス)でJRA重賞初制覇。JRA通算7637戦383勝、うち重賞5勝。19年5月20日付で引退し、栗東・千田厩舎の調教助手を務めた。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月2日のニュース