【函館競輪・74周年記念五稜郭杯争奪戦3日目3R】久島尚樹 弟弟子とワンツーで1日遅れの誕生日白星

[ 2024年5月18日 16:18 ]

<函館競輪場>同門ワンツーを決めた久島尚樹(右)と田村大は笑顔で“33歳ポーズ”
Photo By スポニチ

 久島尚樹(33=宮崎・100期)が連日の連係となった弟弟子・田村大の捲りをゴール前で捉え1着。前日の17日が33歳の誕生日で、1日遅れのお祝い星となった。

 久島は「大が頑張ってくれた。信頼して任せていたし、ワンツーが決まって良かった。最後は何とか抜けた。いい誕生日プレゼント?間違いないですね」と上機嫌。兄弟子の1着に貢献した田村は「昨日(2日目)、久島さんが誕生日だったのに駄目だったので、いつも以上に気合を入れて臨んだ。1日遅れのプレゼントになったかな。ワンツーで良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月18日のニュース