【別府競輪 岡崎兼治コラム「打鐘日記」】6R 単騎2車の両立

[ 2024年5月18日 04:30 ]

 【6R】チャレンジ決勝は123期のV候補が順当に進出。ライン3車の佐藤壮に対し、山田、佐藤譲は単騎で対応することとなった。

 ラインの厚みで佐藤壮に◎を打ったものの、果敢な野上が安本を連れてかき乱すだけに波乱含みだ。

 ここまで佐藤壮の8Vに対し、山田は7V。一方の佐藤譲は3Vを手にしている勢いのある若手だ。

 佐藤譲は「山田とは単騎同士だけど展開上、並んでいるかも」とポツリ。野上の抵抗に佐藤壮が苦しむようなら単騎2車の両立で(2)=(4)―(1)(3)(6)。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月18日のニュース