【平和島ボート G2モーターボート大賞】奈須啓太 地元でSGデビュー見えた!

[ 2024年5月18日 20:22 ]

特別戦初優勝を狙う奈須啓太
Photo By スポニチ

 <平和島19日12R優勝戦>奈須啓太(40=福岡)に地元SG切符を手にするビッグチャンスが訪れた。予選1位の栗城匠が18日の準優勝戦12Rで痛恨のフライング。優勝戦1号艇は、同2位で準優勝戦11Rを逃げ切った奈須に渡った。

 最高2連対率エンジン48号とのタッグだけに仕上がりは文句なし。「ターンでしっかり舟が返ってくるし、力強さを感じる。伸びも気にならない。エンジンがいいのでスタートも決めやすい」。好調メンバーがそろう優勝戦の中に入っても舟足はトップだ。

 優勝すれば、来年3月のSGクラシック出場権が手に入る今大会。それもクラシックの開催地は奈須の地元水面の一つ、ボートレース若松。「最近、調子が悪かった自分にそういう機会が巡ってくるとは…。でも、せっかくのチャンスなので欲を出して行こうかな」と力を込める。

 自身初となる特別戦(G2以上)タイトルを獲得し、地元でSGデビュー。栄冠の先に続くサクセスストーリーを実現するためにも、イン速攻Vを決めてみせる。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月18日のニュース