【鳴門ボート 第25回マスターズチャンピオン】中谷朋子 好調キープで勝負駆けに挑む

[ 2024年4月18日 17:32 ]

好調をキープする中谷朋子
Photo By スポニチ

 <鳴門19日3R、8R>中谷朋子(47=兵庫)好調をキープしている。

 16日の初日は6、4着に終わったが、17日の2日目10Rで2コースから差し切ってシリーズ初勝利。18日の3日目4Rは4コースから差して、林美憲と白井英治と2番手争い。2コーナーでこの2人を振り切って2着に入った。得点率は20位タイまで浮上した。

 「回転は合っていた。全体的に悪いところはない。あとは回転を合わせるだけ」と、手応えもまずまず。

 「最近は調子が悪くて、女子戦でも勝てないのを味わってきた。ただ、(エンジンが)出てたら勝てると思った」と、復調の兆しも見えてきた。

 19日の予選最終日は3Rに1号艇、8Rに5号艇で登場する。1号艇に対する思いを問うと「新人じゃないのでね。お客さんに買ってもらっている分、仕事として頑張りたい」と、きっぱり。4日目も好走を披露し、予選突破を懸けた勝負駆けを成功させる。

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年4月18日のニュース