【松山競輪 スポニチ杯】菊池岳仁 甘さも見せたが瞬時のリカバーで99勝 節目の大台を優勝で決めるか

[ 2024年4月18日 18:27 ]

菊池岳仁
Photo By スポニチ

 S級準決勝11R。菊池岳仁(23=長野)は単騎で来た真鍋智寛の番手にハマり、最終2角から捲り、差しを許さず押し切った。

 「行かれたのは悔しいし甘い。すぐに捲り勝負に行けた点は良かったので、いいところと悪いところがあった感じ」と振り返る。

 初日も積極的な走りが光り、ムードは上昇。準決勝の勝利で99勝となり、節目の100勝に王手をかけた。

 「決勝でできれば最高です」と気合が入る。「自転車のセッティングは試したいことがあります」。町田、林との真っ向勝負、どんな結果が待っているのか。

続きを表示

「2024 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2024年4月18日のニュース