【平和島ボート・スポーツニッポンゴールデンカップ】宇恵有香ただいま思案中…菅章哉エンジン獲得で

[ 2024年4月12日 16:28 ]

菅章哉が乗っていた68号機を手にした宇恵有香
Photo By スポニチ

 <平和島13日1、6R>ボートレース平和島の「第69回スポーツニッポンゴールデンカップ」が13日、開幕する。12日のエンジン抽選。前々回の井本昌也(27=山口)から2開催連続で優勝戦に進出している68号機は、宇恵有香(27=三重)が手にした。

 しかし、前回使用者の菅章哉(35=徳島)は優勝戦でチルト2度の伸び仕様を選択。特徴的な調整を引き継いだ宇恵は「足合わせで勝てる人はいたけどスタートが決まるかどうか…」と眉をひそめた。

 宇恵の初日は1R3枠と6R1枠。伸び仕様のままではレースがしづらい枠番だ。とはいえ、じっくり調整に費やせる時間もない。

 「初日の枠番などを見てから調整を決めたい」。こう話した宇恵がどのようなチルト角度とコース取りを選択するのか。その動向から目が離せない。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月12日のニュース