【福岡・ヴィーナスシリーズ】明日開幕! 戸敷晃美 A級復帰へ勝負の6日間

[ 2024年4月12日 10:00 ]

A級復帰へ今節がヤマ場となる戸敷晃美
Photo By スポニチ

 華麗な女子レーサーたちの競演だ!ヴィーナスシリーズ第1戦「マクール杯」がボートレース福岡を舞台に13日から開幕する。今年の女子賞金ランク1位の守屋美穂ら豪華メンバーが集結。地元からは日高逸子、渡辺優美、深川麻奈美らが強敵を迎え撃つ。本紙注目は3月に続いての当地参戦となる戸敷晃美。A級復帰へ残すは今節と次節若松の2節。持ち味のダイナミックなターンで勝率アップを狙う。

 戸敷が2期ぶりのA2復帰に挑む。現在勝率5・18での福岡参戦。期末まで残すは今節と次節の若松。次節は羽野直也ら男子の強豪選手も参戦するシリーズだけに、今節がヤマ場と言っていい。優出ペースが今節のノルマだ。

 「近況はいい時もあれば悪い時もあって両極端です。調整で求めているのは行き足とターン回り。そこが来ている時は舟券を買ってほしいですね。期末勝負も懸かっているので、しっかり勝負したい」

 5月には自身初の特別戦になるGⅡ宮島レディースオールスターの出場も控えている。A級復帰を確定させることができればこれ以上ない弾みがつく。

 「今まで事故率が高くて投票用紙に名前すら載らなくて(笑い)。ずっと出たかった大会なので楽しみにしています。博多は地元なので、気合を入れて頑張ります」

 昨年4月の当地ヴィーナス戦は準優3着で涙をのんだ。1年越しの雪辱に向けて闘志はメラメラ。勝負の6日間が始まる。

 8月に当地で開催されるGⅠレディースチャンピオンを照準に定める選手にとっては、テストを重ねる貴重な実戦機会になる。地元戦なら渡辺優美の名前をまずは挙げなければなるまい。今年2月のレディースオールスターで特別戦初V。昨年は当地で2本のフライングを切ったように肩に力が入りすぎる時もあるが、冷静に走り抜けば優出は堅い。

 遠征勢では今年3Vで現在女子賞金ランク1位の守屋美穂も主役候補。1、2コース以外の1着率はそこまで高くないが、女子戦ではパワー負けすることが少なく、コース不問で着に絡むレース運びの巧さも大きな武器だ。平山智加、三浦永理の歴代女王も優勝争いに絡んできそう。平山は前走地多摩川オールレディースを制して今年3回目の優勝。当地は7優出3Vと得意にしており、ウネリも苦にしない。三浦は現在勝率7点オーバーと堅調。生命線のターン回りが整った時はコース不問で狙える。昨年のヴィーナス覇者の西橋奈未も争覇圏内。近況は節によってムラがあるものの、ハマった時はピンラッシュで水面を沸かせる。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「北九州記念」特集記事

2024年4月12日のニュース