【江戸川ボート G1江戸川大賞開設68周年記念】西山貴浩 粘り勝ちで準優進出

[ 2024年3月2日 18:33 ]

西山が粘りのレースで予選を突破
Photo By スポニチ

 4日目6R、杉山裕也がイン速攻。混戦の2着争いを制したのが西山貴博(36=福岡)だ。

 コンマ05の快ショットで荒井翔伍の捲りを誘い差しハンドル。あとは的確なターンを連発させ後続艇の猛追を振り切った。

 「狙った通りコンマ05だった。粘るねえ。それにしてもドリームの力は凄いね」

 諦めなかった自分を自画自賛しつつ、点増しのドリームに選出してもらったことへの感謝も忘れてはいない。

 準優は12R5号艇。

 機力の方はまだまだ劣勢だが「試したい形があるのでペラを叩きます」。最強の粘りで優出を果たし最後までファンを沸かせたい。

続きを表示

「2023 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞」特集記事

2024年3月2日のニュース