【チューリップ賞】安藤勝己氏「さすがの乗り替わり」 武豊スウィープフィート「あの末脚はG1級」

[ 2024年3月2日 16:14 ]

G2・チューリップ賞 ( 2024年3月2日    阪神芝1600メートル )

通算4464勝の元ジョッキー・安藤勝己さん
Photo By スポニチ

 桜花賞トライアルのG2・チューリップ賞は武豊が騎乗したスウィープフィート(牝3=庄野)が制し、重賞初制覇を飾った。

 中央と地方で通算4464勝の元ジョッキー・安藤勝己氏がレース後、自身のX(旧ツイッター)を更新。過去5戦で騎乗していた永島まなみから武豊に鞍上をスイッチして重賞初制覇を飾ったスウィープフィートについて、「さすがの乗り替わり。セキトバイーストがしぶとく粘る展開を一瞬で先頭に立ったからね。桜花賞は直行組かなと思っとったけど、有力候補に躍り出た。あの末脚はG1級やね」と分析した。

続きを表示

この記事のフォト

「2024 皐月賞」特集記事

「アーリントンC」特集記事

2024年3月2日のニュース