重賞2勝のイルーシヴパンサー引退 今後は乗馬になる予定

[ 2024年3月2日 15:26 ]

 22年東京新聞杯、23年スポニチ賞京都金杯と重賞を2勝したイルーシヴパンサー(牡6=久保田、父ハーツクライ)が、2日付で競走馬登録を抹消した。

 2月25日の中山記念(16着)がラストランとなった。今後は茨城県茨城町の中島トニアシュタールで乗馬になる予定。JRA通算17戦6勝、総獲得賞金1億5859万8000円だった。

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年3月2日のニュース