【チューリップ賞】傾向と対策

[ 2024年3月2日 05:30 ]

 過去10年(21年は1着同着)の結果から傾向を探っていく。

 ☆人気 1番人気が【6・1・1・2】で好成績。2、3、4、5番人気が各1勝。6番人気以下の優勝は昨年モズメイメイ(7番人気)だけ。

 ☆前走 阪神JFからの直行組が【8・1・5・11】と圧倒的に強い。エルフィンSが【1・1・1・16】。こぶし賞と紅梅Sが各1勝。

 ☆東西比較 関西馬が【8・7・8・97】、関東馬が【3・2・2・11】。優勝頭数、連対数とも関西がリードするが、関東馬も出走頭数の割に健闘している。

 結論 ◎タガノエルピーダ ○ミラビリスマジック ▲ガルサブランカ

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年3月2日のニュース