【西武園オールスター競輪・3日目1R】世界選ケイリン銅メダルの中野慎詞が2着「落ち着いて駆けられた」

[ 2023年8月17日 16:20 ]

G1初挑戦の中野慎詞
Photo By スポニチ

 <西武園3日目1R>英国・グラスゴーで行われた世界選手権のケイリンで銅メダルを獲得した中野慎詞(24=岩手)が一次予選2走目で2着に逃げ粘った。G1で初連対を果たした中野は「(初手の並びに)動揺することなく作戦通り落ち着いて駆けられた」と納得顔で振り返った。

 国内の競輪復帰戦だった初戦は突っ張り先行で5着。果敢に主導権を握り「早めからハイペース。自分の力もなかったし最後まで持たなかった」とペース配分のミスを敗因に挙げたが、2走目は押さえ先行できっちり軌道修正。高い能力の片りんを見せた。

 世界選後で「調子は上がっている。落ちることなく来ている」と肉体のピークは持続。G1は初挑戦だが「大きいレースで上の人たちと戦うことでいい刺激をもらえる。凄く楽しみ」とトップレーサーたちとの対戦に胸を躍らせた。二次予選以降の戦いについては「1着を獲ることよりもしっかり自分の力を出したい。一戦一戦を大切に走りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年8月17日のニュース