【札幌記念】ダノンベルーガ グンと良化した、堀師「函館で過ごして状態面を見極めてきた」

[ 2023年8月17日 05:23 ]

函館芝コースで追い切ったダノンベルーガ(手前)(撮影・千葉 茂)
Photo By スポニチ

 ドバイターフ2着以来のダノンベルーガは函館芝コースで3頭併せ。外に先行したサトノバトラー(5歳1勝クラス)、内に追走してきたドゥレイクパセージ(2歳新馬)を従えて貫禄の最先着。5F66秒9~1F12秒2でまとめた。堀師は「しっかり疲れを取った後、天皇賞の前にひと叩きできるかどうかを比較的涼しい函館で過ごして状態面を見極めてきた。当初は仕上がりが遅れていたが、さすがオープン馬で、直前のひと追いでグンと良化した」とコメントした。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年8月17日のニュース