【北九州記念】トゥラヴェスーラ 坂路で好調気配、陣営「動ける状態に整ってきた」

[ 2023年8月17日 05:14 ]

 トゥラヴェスーラは坂路単走でしまい重点。馬場の真ん中から楽な手応えで4F55秒6~1F12秒1を刻んだ。岩倉厩務員は「今朝も反応が良く、動ける状態に整ってきた。夏バテすることなく順調」と好調を伝える。前走・CBC賞は前が止まらない開幕週の馬場。中団から差して4着だった。「現状の力は出してくれた。しまいはいい脚を使うので時計がかかる展開になってほしい」と好走へのポイントを挙げた。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年8月17日のニュース