【北九州記念】サンキューユウガ タフな馬場何の、陣営「ブリンカー効果で集中していた」

[ 2023年8月17日 05:14 ]

 サンキューユウガは坂路単走しまい重点で4F56秒2~1F12秒0。台風の影響でタフな馬場(重)を気にするそぶりも見せず、シャープに駆け上がった。領田助手は「反応が良く、馬場が悪い中でもしっかり動けていました」と納得の表情を浮かべる。格上挑戦の前走・CBC賞は好位から見せ場たっぷりの2着。「ブリンカー効果で集中していた。小倉で勝っているし、前走のような積極的な競馬ができれば楽しみです」と力を込めた。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年8月17日のニュース