【西武園・アルテミス賞】石井寛 豪快捲りV!「優勝できたので、きっと流れが良くなるはず」

[ 2023年8月17日 04:55 ]

アルテミス賞を制した石井寛子
Photo By スポニチ

 自分を信じ抜いた。最終3コーナーは3車並走。その真ん中にいた石井寛は勝つために必要なことを脳裏に思い浮かべた。「これは一番練習している人が勝つなって。練習では絶対に負けないと思い“大丈夫、大丈夫”と思いながら踏み込んだ」。逃げた奥井の2番手を回り、強烈なスピードで捲り上げた梅川の捲りに合わせて捲る豪快な踏み込みで2度目のアルテミス賞制覇を飾った。

 今年は6連続Vと順調な滑り出し。だがガールズ初のG1「パールC」で、まさかの予選敗退。「ここが本当のターニングポイントだと思っていた」と集中力を高めて臨んだ。「優勝できたので、きっと流れが良くなるはず」。ガールズの第一人者は「夢見心地でした」と勝利の余韻に浸った。

 ◇石井 寛子(いしい・ひろこ)1986年(昭61)1月9日、埼玉県春日部市出身の37歳。明大卒。通算769戦574勝。通算取得賞金1億6935万円。主な優勝はガールズグランプリ(17年)。ガールズドリーム1回、ガールズケイリンフェスティバル2回、ガールズコレクション5回。1メートル60、59キロ。血液型B。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年8月17日のニュース