【別府競輪 岡崎打鐘日記】太田S級初V挑戦!(別府12R)

[ 2023年8月17日 05:00 ]

 【別府11R】S級降格後の今期は久留米211、高松112とまとめている大西貴晃。準決は田代を目標に快勝。「いい状態とは言えない」と口を濁したが、地元Vに懸ける思いは伝わる。「ヨコも視野に入れ勝ちにいく」と本人もその気だ。軽快な佐伯との勝負で(1)=(3)―(4)(5)(6)(7)。

 【別府12R】S級準決12Rは後藤と林の叩きを鐘過ぎにスパートした太田龍希が勝った。顔といい乗車フォームといい父・真一(75期)にソックリ。決勝は大川後位が競りなら捲りで浮上果たせる。太田のS級初Vで(3)―(4)(5)(6)流し。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2023年8月17日のニュース