×

【ラジオNIKKEI賞】グランディア 単走で伸びやか、中内田師「前向きさある」

[ 2022年6月30日 05:30 ]

 良血グランディアは先週、初コンビを組む坂井がCWコース(6F81秒0~1F11秒1)で感触を確かめ、最終追いは坂路単走。伸びやかなフォームで駆け上がり、4F52秒6~1F12秒7を刻んだ。中内田師は「先週しっかりやって今朝は調整程度。予定より(時計は)速くなったけど、いい雰囲気ですよ」とうなずく。年明けの若駒S4着、前走・プリンシパルS5着とオープンで善戦。昨年の新馬2着以来の1800メートル起用に「前進気勢が強く、前向きさがある。1F短縮がいい方に出てほしい」と重賞3勝の母ディアデラノビアに続くタイトル奪取を期待している。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年6月30日のニュース