×

【CBC賞】タイセイビジョン 脚取りしっかり、陣営も太鼓判「いい形で送り出せる」

[ 2022年6月30日 05:30 ]

 重賞2勝の実力馬タイセイビジョンはCWコースで半マイルからスタート。直線はしっかり追って気合をつけ、4F50秒7~1F11秒5をマークした。梛木助手は「スッと伸びる馬ではないが、しっかりした脚取り。いい形で送り出せる」と太鼓判。昨年の当レース4着と同じ57キロのハンデで反撃に燃える。「馬力もあるので重量を背負ってもパフォーマンスが落ちることはないと思う。展開ひとつ」と前崩れを願う。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年6月30日のニュース