×

宝塚記念Vのタイトルホルダー、凱旋門賞直行へ 栗田師は7月にフランス視察

[ 2022年6月28日 18:00 ]

宝塚記念制覇から美浦の自厩舎に戻ったタイトルホルダー。馬房に飾られた宝塚記念のゼッケンに興味津々(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 26日に行われた宝塚記念でファン投票1位に応え、G13勝目を飾ったタイトルホルダー(牡4=栗田)は28日、厩舎で静養した。

 注目される秋の凱旋門賞(10月2日、パリロンシャン)挑戦について、栗田師は「具体的なスケジュールは未定」とした上で「前哨戦は使わず直行になると思う。美浦である程度仕上げて、直前にフランスへ輸送する形になりそう」と見通しを語った。同師は7月中に渡仏し、現地を視察して滞在先などを決定する予定となっている。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年6月28日のニュース