×

【CBC賞】アネゴハダ 陣営「ハンデを生かしてサーッと行ってくれれば」

[ 2022年6月28日 05:00 ]

 3歳牝馬アネゴハダは格上挑戦とはいえ、同世代重賞の小倉2歳S3着、フィリーズレビュー3着と重賞実績あり。稲葉助手は「春に比べても馬は良くなっています。1週前もジョッキーが乗って軽快な走り。具合はいいと思います」と感触を口にする。古馬との初対戦だった前走は好位から抜け出して3馬身差の快勝。「スタートも出るようになっているし、ハンデを生かしてサーッと行ってくれれば」と意気込んだ。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年6月28日のニュース