×

【葵S】ウインマーベル 豪快な走り披露、深山師「馬体の張りが一段と増してきた」

[ 2022年5月26日 05:00 ]

ウッドチップコースで追い切るウインマーベル(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 橘Sの覇者ウインマーベル(牡3=深山)が豪快な走りを披露した。Wコースでフレンドパル(4歳1勝クラス)の10馬身後方から差を詰めると、直線でいっぱいに追われて併入。深山師は「前走時よりも、さらに状態が良さそう。馬体の張りが一段と増してきた。実績のある中京コースで期待したい」。開業4年目での重賞初制覇に手応えをつかんでいた。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月26日のニュース