×

【川崎・川崎記念】ほのか特別予想 本命はタービランス!一方、消したのは…

[ 2022年2月2日 08:00 ]

モデルのほのか(Photo By 2019三瓶康友)
Photo By 提供写真

 2022年最初の国内G1(Jpn1)「第71回川崎記念」(2100メートル、優勝賞金6000万円)が2日(16時10分発走予定)、昼間開催の川崎競馬場で行われる。数々の名馬を輩出した最高峰レースの予想にモデルのほのかが参戦!

 スポニチさんでの今年最初の予想は今日の川崎記念です!その前に先日、フジテレビの「みんなのKEIBA」に出演させていただいた時のエピソードを紹介します。予想の調子は?と聞かれたので「消した馬に好走されることが多く、やや不調です」と答えたのですが、その日のメインレースだったAJC杯も惜しいところで外れ…。川崎記念を当てて「好調です!」と言えるように頑張ります。

 以前はレース傾向を重視して予想していましたが、最近は1頭1頭の過去の戦績を細かく振り返って印を決めています。川崎記念の出走馬をじっくり吟味した結果、最も魅力を感じたのは(7)タービランス。この馬に◎で勝負します。昨年の川崎記念では4着止まりでしたが、その後は重賞でコンスタントに上位争いを演じており、2走前にはJpn2の浦和記念で2着。9歳馬ですが、今が充実期という印象があります。7着に終わった前走の東京大賞典は、4コーナーで大きく外に膨れるロス。それ以前の戦績を振り返っても、左回りの方が断然合っている様子。右回りの前走は度外視できます。もう一つ強調したいのが鞍上。今回、久々にコンビを組むことになった森泰斗騎手は、タービランスとのコンビで【4・4・2・0】と複勝率100%!もちろん、地方競馬を代表する名手が乗ってくれること自体も“買い”の材料だと思います。

 ○は(3)チュウワウィザード。明らかに実績上位なので外せませんが、最近は勝ちきれていないのも事実。今回は対抗にとどめます。

 近走内容に運の良さを感じ、鞍上の横山武史騎手も絶好調の(6)ヴェルテックスが▲で、2100メートルの距離がぴったりの(1)エルデュクラージュが☆。牝馬重賞で大活躍中の(12)サルサディオーネまで△を打って押さえます。

 一方、今回消したのは(9)カジノフォンテン。昨年の川崎記念は本当に強い勝ち方でしたが、最近は精彩を欠いている感じのレースぶり。今回も好調時のパフォーマンスは期待できないのでは?と考えました。

 馬券は3連単で(7)を1着に固定し、印を打った(3)(6)(1)(12)に流す12点で勝負します。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年2月2日のニュース