×

【川崎・川崎記念】じゃい特別予想 本命チュウワウィザードの相手に選んだのは…トリプル馬単予想も

[ 2022年2月2日 08:00 ]

お笑いトリオ「インスタントジョンソン」のじゃい
Photo By 提供写真

 2022年最初の国内G1(Jpn1)「第71回川崎記念」(2100メートル、優勝賞金6000万円)が2日(16時10分発走予定)、昼間開催の川崎競馬場で行われる。数々の名馬を輩出した最高峰レースの予想にお笑いトリオ「インスタントジョンソン」のじゃいが参戦!

 さあ、川崎記念。まあ荒れることは考えづらい。馬券妙味は正直疑問で積極的に買いたいレースとは言えないが、本命は(3)チュウワウィザードで仕方ない。この馬の力は今更言うまでもない。チャンピオンズCはここ2年で1着、2着。ドバイワールドCで2着。相手を見る限り、ここでは2枚も3枚も抜けている。アクシデントでもない限り1番最初にゴールにたどり着くだろう。

 問題は相手だ。対抗は(2)ブラックアーメット。(12)サルサディオーネが逃げるのでペースは速くなり、前が止まる流れになればこの馬の差し脚が届く可能性はある。小回りと距離延長は不安材料ではあるが、折り合いさえつけば最後に突っ込んでくる力はある。

 3番手に(10)ヒロイックテイル。地方は初めてにはなるが、左回りと距離はこの馬にとってはプラス。ムラはあるが、中央のオープンは勝っている(昨年のブリリアントS)。この相手なら上位に食い込める。

 次にサルサディオーネ。おそらくハナを切るが、逃げたら相当しぶとい。相手は牡馬になるので楽ではないが、逃げ残りは十分にある。他ではここにきて力を付けている(6)ヴェルテックス。昨年の勝ち馬で舞台は合う(9)カジノフォンテン。9歳だが、まだまだ元気な(7)タービランス。人気がないなら(8)ロードゴラッソも面白い。(5)ケイティブレイブ、(11)デルマルーヴルは正直厳しいとは思うが高配当狙いなら押さえてもいいかもしれない。

 馬券は3連単(3)-(2)(10)-(2)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)、(3)-(5)(6)(7)(8)(9)(11)(12)-(2)(10)を各1000円の計3万円。あとは配当次第でどう狙うかというところか。

 トリプル馬単の予想も。川崎10Rはバクハツから狙ってみたい。(9)-(1)(2)(4)(6)(8)(11)(12)(13)(14)マルチ。11R川崎記念は(3)-(2)(6)(9)(10)(12)。川崎12Rはユリアンナ、ジョウハリを軸に(5)(9)-(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(13)。計1620点(8万1000円)勝負。よろしくちゃーん!

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年2月2日のニュース