×

【川崎・川崎記念】キャプテン渡辺・特別予想 穴党でもチュウワウィザードの負けは考えられん

[ 2022年2月2日 08:00 ]

お笑い芸人のキャプテン渡辺
Photo By 提供写真

 2022年最初の国内G1(Jpn1)「第71回川崎記念」(2100メートル、優勝賞金6000万円)が2日(16時10分発走予定)、昼間開催の川崎競馬場で行われる。数々の名馬を輩出した最高峰レースの予想にお笑い芸人のキャプテン渡辺が参戦!

 今年の川崎記念はどう見ても1強ですよね。このメンバーで(3)チュウワウィザードが連を外すことは考えられない。連というか、負けることが考えられん。私は基本的には出来る限り穴を狙いたい男だが、無駄な穴狙いはヤメておこう。チュウワウィザードの頭固定の3連単が勝負馬券になるでしょう。

 さて、相手はどうしたものか?まず人気馬から考えると、3番人気が予想される(6)ヴェルテックスは人気馬の中で最も怪しい。名古屋グランプリのメンバーレベルはかなり低かったと思う。その前の浦和記念では(7)タービランスに先着を許しているのだ。今ノリに乗ってる鞍上の人気も手伝って3番人気になるのなら、バッサリいきたい。

 おそらく2番人気の(9)カジノフォンテンも、どうにも手が出しづらい。東京大賞典で2着して穴を開けた後に3連勝した時の、あの勢いはもう無いように見えるんですよね。全盛期の力を普通に発揮すれば、川崎コースならチュウワウィザードを負かしてもおかしくないが、果たしてどうか?かと言って、穴馬もこれと言って食指が動く馬がいないのも事実。人気馬が怪しいからと言って穴党が飛び付いて、もはや穴とは呼べない馬になっている馬ばかりではないか。そういう馬たちのことを罠(わな)と呼ぶ。あ~困った(笑)。

 てな訳で、対抗1番手は(12)サルサディオーネ。距離が長いと見られてヴェルテックスや、タービランスよりも人気がないなら狙ってみたい。川崎記念と同距離のエンプレス杯ではマルシュロレーヌに半馬身差の2着に好走している。3着は6馬身千切っているところを見ても、ベスト距離とは言わないが気持ちよく逃げれば充分圏内でしょう。

 後はほぼ同列の印ですが、▲カジノフォンテン、△(1)エルデュクラージュ、△(10)ヒロイックテイル、△タービランス。エルデュクラージュとヒロイックテイルの左回りの長距離得意コンビには期待したい。タービランスも鞍上含めて馬券圏内という意味ではおそろしい。カジノフォンテンはやはり切りきれませんでした。

 馬券は(3)-(12)の馬複1万円に、3連単(3)-(12)-(1)(7)(9)(10)と(3)-(1)(7)(9)(10)-(12)の8点を1000円ずつ。これでいってみよう!

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年2月2日のニュース