×

【京成杯】戦い終えて

[ 2022年1月17日 05:30 ]

 ▼5着テンダンス(和田竜)折り合いをつけるために1コーナーで前に壁を探して入れた。馬群でうまく折り合い、直線も内からしっかり伸びたけど。

 ▼6着ホウオウプレミア(奥村武師)後手後手に回り、競馬にならなかった。それでも最後に来ているように、能力は重賞でも足りる。

 ▼7着サンストックトン(松岡)2着馬の後ろについて、4コーナーまでは良かった。ただそこからモコモコした感じになって。

 ▼8着ルークスヘリオス(永野)まだ緩さはあるが、一戦ごとにレースが上手になっている。4コーナーでは一瞬グッときました。

 ▼9着フジマサフリーダム(丹内)いい立ち回りができた。直線で一瞬オッと思ったほど。今回の経験が今後につながれば。

 ▼10着タイセイディバイン(松若)現状のこの馬の力は出せた。賢くていい性格。このまま順調に成長してくれれば。

 ▼11着ニシノムネヲウツ(内田)この枠だったのでハナへ。重賞で相手は強かったが、最後もよく粘っていると思う。

 ▼12着トゥーサン(三浦)初めての右回りで少し外に張りながらでしたが、直線はいい脚を使った。能力があります。

 ▼13着トーセンヴァンノ(山田)4コーナーで狭くなり、スムーズさを欠いた。それがなければ、もう少し走れた。

 ▼14着ヴェールランス(藤岡佑)現状、このメンバーで正攻法だと、もう少し力をつける必要がある。それでも使いながら良くなっています。

 ▼15着テラフォーミング(石川)力んで走っていました。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2022年1月17日のニュース