×

【日経新春杯】戦い終えて

[ 2022年1月17日 05:30 ]

 ▼4着エフェクトオン(秋山真)操縦性のいい馬。よく頑張ってくれました。

 ▼5着アフリカンゴールド(国分恭)スタートも安定しているし、好位でリズム良く運べた。勝ちにいった分甘くなったが、十分通用する。

 ▼6着マイネルウィルトス(川須)1角で挟まれる不利があって3角でも力むところがあった。直線ではしっかり反応して伸びてくれました。

 ▼7着トラストケンシン(池添)道中はせかさずに自分のリズムで運べた。直線はジリジリだけど伸びている。

 ▼8着クラヴェル(安田翔師)この馬にしては攻めの調教をしましたが、折り合いを理解しすぎて折り合いすぎた感じ。

 ▼9着モズナガレボシ(松山)直線は伸びていたが、馬場が合わなかったかも。

 ▼10着ダノンマジェスティ(岩田望)返し馬やパドックの雰囲気は良かったがゲートで少しうるさくて、位置取りが悪くなった。

 ▼11着プレシャスブルー(勝浦)今の中京が向かないのかな。上位の馬も強いと感じたが、この馬ももう少しやれると感じた。

 ▼12着ショウナンバルディ(坂井)折り合いもついていい感じでしたが、最後はハンデもあったのかな。

 ▼13着ロードマイウェイ(幸)ゲートが良くなくてポジションが良くなかった。うまく乗れませんでした。

 ▼14着マイネルフラップ(国分優)久々の左回りか、意識がずっと右に。左に寄せる作業で気持ちが向かなかった。

 ▼15着フライライクバード(武豊)もう少しためた方がよかったかな。道中は力んでいた。

 ▼16着トップウイナー(和田翼)この馬の競馬はできました。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2022年1月17日のニュース