×

【ジャパンC1週前追い】コントレイル ラストランへ究極仕上げ!陣営「態勢整っている」

[ 2021年11月18日 05:30 ]

先行馬を直線半ばで捉えにかかるコントレイル(右)
Photo By 提供写真

 ラストランに向け、究極の仕上げだ。昨年の3冠馬コントレイル(牡4=矢作)がCWコースで1週前追いを消化。抜群のフットワークで好時計をマークした。ゲンパチミーティア(3歳2勝クラス)、スーパーフェイバー(3歳3勝クラス)との併せ馬。コントレイルは先行する僚馬のはるか後方からスタートした。距離はなかなか縮まらないまま、最内を回って直線へ。まだ先行馬との差は5馬身くらいあったが、そこからが圧巻の伸び。馬なりのまま弾むように加速し、最後は中ゲンパチミーティアに首差まで迫った。

 7F93秒6~6F76秒9~1F12秒3の好タイム。金羅助手は「前が飛ばしていたけど、元々6F80秒前後でいくつもりだった。いつも1週前はCWコースで負荷をかける。1回叩いているので息の入りも良かった。十分態勢は整っている」と具合の良さをアピールした。半年の休み明けで臨んだ前走の天皇賞・秋(2着)後は在厩で調整。昨年の神戸新聞杯→菊花賞(ともに1着)も在厩調整だったが「あの時よりも回復が早かった。疲労の残りも少ない」と同助手。反動はなさそうだ。

 ジャパンCで引退、種牡馬入りが決定している。同助手は「まだこれからという雰囲気もありますが、無事に引退させてあげたい。なんとかもう1個タイトルを獲らせたい」と祈りを込める。名門・矢作厩舎の究極仕上げで有終の美へ向かう。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年11月18日のニュース