×

【マイルCS】インディチャンプ奪冠へ!併走相手“いなした” 音無師「しっかりやれていい状態」

[ 2021年11月18日 05:30 ]

坂路をイメル(右)と併せ馬で追い切るインディチャンプ
Photo By 提供写真

 決して見栄えする追い切りではなかった。一昨年のマイルCS覇者インディチャンプ。復権誓う坂路の最終追いは格下イメル(5歳オープン)の抵抗に遭い、ギリ先着。4F51秒8~1F12秒7の時計ほど良く見せなかった。

 が、これこそ6歳古馬の貫禄とも言える。併走相手のプレッシャーを正面から受け止め、軽く“いなした”と言えなくもない。その証拠に動きを確認した音無師はゴキゲンだった。

 「最後まで相手が抵抗してきたが、1馬身後ろから行ってるからね。先週も遅れる格好になったが、先週はもっと後ろからだった。しっかりやれていい状態は間違いない」

 口ぶりが自信に満ちている。振り返れば昨年のマイルCSは明らかに順調さを欠いていた。スプリンターズSから始動するプランが崩れ、何とか間に合った…が実情。そのレースでもグランアレグリアに最接近する2着。実績的に好敵手と呼べるのはやはりこの馬しかいない。一転今年はハナから目標をこのレースに置き、調整されてきた。昨年とは臨戦過程が違う。

 「休み明けは関係ない。今年はもう1戦残すが、休み明けをうんぬん言われないよう、しっかり仕上げた。いい結果を出して香港に行きたい」と音無師。

 今年は続戦に香港マイル(12月12日、シャティン)を予定する。もちろん、復権を果たしたマイルG13勝の王者として乗り込むつもりだ。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年11月18日のニュース