【富士S】ソングライン 一戦ごとに成長、林師「いい意味でどっしりしてきた」

[ 2021年10月20日 05:30 ]

 3歳の実力馬ソングラインは重賞初制覇を懸けての参戦。林師は「1週前追いは素軽い動き。大事に使わせてもらって一戦ごとに成長を感じます。繊細な部分がある馬ですが、最近は堂々として、いい意味でどっしりしてきました」と成長を感じている。東京マイルは今春NHKマイルCで2着。「前走(関屋記念3着)は人気を背負って、楽な競馬をさせてもらえない中でも頑張りました。左回りのマイルはベストで楽しみ」と力が入っていた。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月20日のニュース