【セントライト記念】カレンルシェルブル 単走駆け抜け、仕上がり好感触

[ 2021年9月17日 05:30 ]

<セントライト記念>Cウッドで単走で追い切るカレンルシェルブル
Photo By 提供写真

 カレンルシェルブルはCWコースを単走でゆったり駆け抜け、5F71秒9~1F12秒6をマークした。担当の吉田助手は「輸送もあるので軽めに、確かめる程度。先週ジョッキー(横山和)に乗ってもらって負荷をかけたし仕上がっている」と好感触。

 デビューは3月と遅かったが、ここ3走は1→2→1着と本格化ムードだ。「スムーズに反応できるようになってきた。距離は問題ないと思うし、ここでどこまでやれるかですね」と力を込めた。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月17日のニュース