【函館新馬戦】函館史上初の芝2000メートル新馬戦はロンV 武豊「走りそうな雰囲気を感じました」

[ 2021年8月1日 14:09 ]

<函館5R新馬戦>スタート直後から先頭に立ち逃げ切って勝った武豊騎乗のロン
Photo By スポニチ

 1日の函館5R新馬戦(芝2000メートル)は新種牡馬シルバーステート産駒のロン(牝=石橋)が後続に3馬身半差を付けて逃げ切った。

 120年以上の伝統を誇る函館競馬場で「芝2000メートルの2歳戦」が行われるのは未勝利戦も含めて初めて。そんな“歴史的一戦”を制した武豊は「初めてまたがったけど、すごくいいフットワークをしますね。反応もすごく良かった。走りそうな雰囲気を感じました」と評価した。なお、馬名由来は麻雀用語ではなくフランス語で円形という意味。

続きを表示

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2021年8月1日のニュース