【クイーンS】テルツェット重賞2勝目 ルメール「リズム良く走れたのが大きい」 

[ 2021年8月1日 18:55 ]

突然の雨の中、ゴール前の直線で一気に駆け抜けて勝ったテルツェットとC.ルメール騎手(撮影・千葉茂)
Photo By スポニチ

 1日に函館競馬場で行われたG3「第69回クイーンS」は3番人気テルツェット(牝4=和田正、父ディープインパクト)がダービー卿CT以来の重賞2勝目を飾った。2着マジックキャッスル、3着サトノセシルと関東馬が上位を独占した。

 テン乗りで勝利に導いたルメールは「リズム良く走れたのが大きい。パワーアップすれば秋が楽しみですね」とパートナーを称えた。

続きを表示

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2021年8月1日のニュース