【函館新馬戦】ソリッドグロウ 7馬身差圧勝、池上師「スピードあると思っていた」

[ 2021年8月1日 05:30 ]

<函館5R・新馬戦>2着に7馬身の差をつけて勝ったソリッドグロウ(撮影・千葉茂)
Photo By スポニチ

 函館5R新馬戦(芝1200メートル)は、途中からハナに立った1番人気ソリッドグロウ(牝、父ダイワメジャー)が後続をグングン引き離し、7馬身差の圧勝。横山武は「気が良くて、スピードの違いでああいう(逃げる)形になりました。出していったわけではないので、次も折り合いは大丈夫だと思います」と評価した。

 1歳上の全兄モントライゼは昨年の京王杯2歳S勝ち。池上師は「血統的にもスピードはあると思っていました。牝馬だし、メンタルをケアしながら次を考えたい」と見通しを語った。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年8月1日のニュース