【クイーンS】マジックキャッスルが主役!実績で大きくリード

[ 2021年7月26日 05:30 ]

マジックキャッスル(右)
Photo By スポニチ

 今週も新潟、函館の2場開催。注目は函館で行われる牝馬同士のG3「第69回クイーンステークス」だ。

 今年のヴィクトリアマイル3着マジックキャッスルが主役を務める。前走は勝ち馬グランアレグリアに大きく離されたものの、2着ランブリングアレーとタイム差なしの接戦。枠なりに内々を立ち回り、時計勝負にも対応した。昨年のオークス5着、秋華賞2着など実績面で他馬を大きくリード。脚質的に小回りの函館替わりがカギになりそうだが、能力でねじ伏せる。

 夏は格より勢いを重視したい。シャムロックヒルはマーメイドSは最内枠を生かして果敢にハナを主張。後続の追い上げを封じて、重賞初制覇を達成した。1週前は栗東CWコース単走で軽快な動きを披露。洋芝実績もあり、重賞連勝が狙える。国枝厩舎2頭出しのドナアトラエンテも充実ムード。新潟で行われた福島牝馬S2着は勝ち馬とは通ったところの差が着差に反映したが、ゴール前の伸びは目を引いた。厩舎期待の良血が初重賞へ突き進む。

続きを表示

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2021年7月26日のニュース