【函館新馬戦】トップキャスト楽逃げ圧勝!団野「強かった」 札幌2歳S視野

[ 2021年7月26日 05:30 ]

スタートから逃げきって勝ったトップキャスト(撮影・千葉茂)
Photo By スポニチ

 好スタートで先手を奪った5番人気トップキャスト(牝=高橋康、父ダイワメジャー)が、楽々逃げ切り勝ち。勝ち時計1分48秒5は、2歳コースレコード(1分48秒3=18年ウィクトーリア)に0秒2差の好タイムだった。騎乗した団野は「調教で乗せてもらって順調だったし、最終追いの感触も良かった。スムーズな競馬ができたし、よく頑張った。初戦なので馬群で運びたかったが、逃げる形になったので、次に力んだりしなければいいですね。今日の内容は強かったです」と振り返った。

 高橋康師は「調教から底知れない走りはしていた。ゲートが速いし、性格もいい」と好内容に笑顔。今後は札幌へ移動予定。同師は「オーナーとも相談してからですが、札幌2歳S(9月4日)は視野に入ってくると思う」と重賞挑戦も見据えた。昨夏函館1800メートルの新馬勝ち馬からはソダシが桜花賞V。今夏も桜花賞候補が出現か?

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2021年7月26日のニュース