【福島新馬戦】ウィリン7馬身差圧勝!デムーロも興奮気味に「二の脚が速かった。距離は延びてもいい」

[ 2021年7月4日 05:30 ]

福島5Rの新馬戦で圧勝したウィリン
Photo By スポニチ

 福島5R(芝1200メートル)は1番人気のウィリン(牝=林、父スクリーンヒーロー)が二の脚の速さでハナを奪い、直線で後続を突き放して7馬身差圧勝。手応えは最後まで楽だった。M・デムーロは「1歩目は遅かったが二の脚が速かった。馬なりで…あり得ないよ。折り合いは大丈夫だし距離は延びてもいい」と興奮気味に伝えた。林師は「しっかり心身ともに改めて鍛えていけたら」と語った。次走は未定。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年7月4日のニュース