【皐月賞】最優秀2歳牡馬ダノンザキッド本領発揮だ

[ 2021年4月18日 05:30 ]

AI予想の皐月賞指数
Photo By スポニチ

 牡馬クラシック1冠目の皐月賞は出走各馬の指数が接近して混戦ムード。小差ながらもトップ(78)で◎となったのは(8)ダノンザキッドだ。昨年は無傷の3連勝でG1ホープフルSを制し、最優秀2歳牡馬のタイトルを獲得。前走の弥生賞で初黒星(3着)を喫したが、叩き2戦目で本領発揮との見立てだ。3戦全勝の(7)エフフォーリアが指数2位(75)で〇。すみれS勝ちから臨む▲(11)ディープモンスター、朝日杯FS3着以来の☆(16)レッドベルオーブも有力。買い目は◎○▲☆のBOX6点と、◎から△1番手を押さえる7点。

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月18日のニュース