【阪急杯】ジャンダルム、距離ベストで好感触 陣営「順調に調整できている」

[ 2021年2月23日 05:30 ]

 昨年暮れの阪神C7着ジャンダルムがここから始動する。星井助手は「放牧から帰厩後、順調に調整できている。年を重ねておとなしくなってきた」と報告した。

 1週前追いは荻野極を背に坂路。シロニイ(7歳3勝クラス)と併せ、4F51秒8~1F12秒0を刻んで首差先着した。「元々稽古駆けするが、それでも動きは良かった。集中力が切れないこの距離は合っている」と好感触だ。

続きを表示

「2021 桜花賞」特集記事

「ニュージーランドT」特集記事

2021年2月23日のニュース