九州産ルクシオン左上腕骨骨折で安楽死 昨年福島2歳Sで勝利、阪神JF10着

[ 2021年1月26日 16:30 ]

昨年11月の福島2歳Sを制した西村淳騎乗のルクシオン(右)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 昨年11月に福島2歳Sを制し、12月の阪神JFで10着だった九州産ルクシオン(牝3=河内、父エイシンフラッシュ)が26日、栗東トレセンで調教中に骨折して安楽死の措置が取られた。所有するノルマンディーサラブレッドレーシングが発表した。

 角馬場で他馬の挙動に驚いて放馬し、地下馬道に逃避してカーブを曲がり切れず壁に激突した。その際、左肩を強打して左上腕骨を骨折。手術できない部位だったとしている。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月26日のニュース