【セントポーリア賞】ヴェルトハイム、府中で剛脚発揮 友道師「変わり身があってもいいんじゃないか」

[ 2021年1月26日 05:30 ]

注目の3歳馬紹介「Road to Classic」

ヴェルトハイム(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 昨年11月の新馬戦を圧勝して注目を集めたヴェルトハイム。ただ、2番人気に支持された前走のエリカ賞が、まさかの最下位。友道師は「道中はスムーズに運べたが脚がたまらなかった」と振り返る。

 デビュー戦では上がり3F最速の33秒7を繰り出しており、直線の長い東京がプラスとなりそう。「変わり身があってもいいんじゃないか」と意気込んだ。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月26日のニュース