【秋華賞】デアリングタクト 朝一番で坂路「テンション上げないように」

[ 2020年10月14日 05:30 ]

<秋華賞>調教へ向かうデアリングタクト(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 デアリングタクトは池水助手が騎乗し、軽めの調整で息を整えた。杉山晴師は「9日、久しぶりにゲートで駐立を確認。少し、気持ちが入ってきたが、11日の感じでは落ち着いていて良かったと思う」。CWコースで6F80秒6~1F12秒0の好時計を叩き出した先週が実質的な最終追い。14日、引き続き松山が騎乗して、最後のスパイスを振りかける。「朝一番の坂路。今週はテンションを上げないように」と狙いを語った。 秋華賞

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2020年10月14日のニュース